アトピーの原因は個人よって違う?

アトピーの原因は人それぞれ異なります。アトピーが悪化する原因が、食べ物の子もいれば、ハウスダストの子もいます。他にも乾燥であったり、運動不足であったり、水道水の塩素だったり、特定のアレルゲンであったりと、非常に個人差があらわれる病気なのです。もちろん複数の場合も多いようです。

アトピーは、アレルギーの一つなので、アレルギーの原因がいろいろとあるのと同じ状態なのではないでしょうか?

とにかくわが子のアトピーの症状を改善させるには、症状を悪化させる「原因」を突き止めることが、家庭でアトピーをケアする為には必須なのです。

アトピーの原因を「遺伝による体質」とあきらめないで!

アトピーの子の体質

アトピーの子は体質として「免疫力が低い」、「胃腸が弱い」、「皮膚が薄い」、「体にゆがみがある」などの特徴をもって生まれてきます。
たくさんのお母さんたちが、子供のアトピーは「アトピー体質が遺伝したからしょうがない」とあきらめてしまっています。
実はわたしもそこで止まっていました。「アトピーの親の子供はアトピー。原因は遺伝で受け継いだ体質なのだから、ある意味しょうがない。何もしようがない。」わたし自身そう思い込み、決めつけていました。なぜなら、わたしのだんな様はアトピーなのですから。

みなさんはいかがでしょうか?
自分たちがアトピーではないにしても、原因は子供がそういう「体質」に生まれたからだ、と思っておられませんでしたか?
わたしは、子供のアトピーの原因は体質だと思い込んでいたので、特にほかに原因を突き止めることもなく、「アトピーにステロイドを使うのは嫌だけど、体質だからしょうがない。成長とともに治るらしいし、根気よくステロイドをぬるしかない」と、病院に言われるがままに、せっせとステロイドをわが子にすりこむ毎日でした。

今思えば、恐い話です。成長すればすべての子供のアトピーが治る、という保証はどこにもなく、生涯、ステロイドの副作用に悩まされる日々が来ないとも、かぎらないのですから。現にわたしの旦那さんは子どもの時からステロイドを使い、大人になった今でもアトピーです。
最近の子供のアトピーは昔に比べて治りにくく、成人アトピーに発展していくケースが多いようです。ですから、子供のアトピーの「悪化原因」を知ることが、アトピー改善の第一歩です。

わたしと子供が経験したアトピーの原因究明の旅

アトピーの原因

わが家の子ども達のアトピーの悪化原因について考え始めたのは、わたしの故郷に帰った時からです。
わたしの実家はかなりの田舎です。海と山に囲まれ、特に海がすぐ近くということもあり、とても湿度が高いという環境です。
この田舎で数週間過ごすとアトピーが改善し、都会のアパートに戻るとまたアトピーが悪化することがわかり、「環境」にアトピーを悪化させる何かがあると気づきました。

アトピーの原因その1 ~肌の乾燥がアトピーを悪化させる~

アトピーの子の肌はとても乾燥に弱く、特に乾燥する冬などには悪化しやすくなります。

しかし、私の田舎は海が家の真裏にあるため、湿度がとても高く、特に初夏から秋の初め頃に帰省すると本当に肌の調子がよくなります。

肌の乾燥をほっておくと、角質層に隙間が出来てしまい、アレルゲンをはじめ有害な物質(PM2.5など)が肌の内側に入り込んでしまいます。それが炎症を引き起こしてしまうのです。

以前沖縄出身のアトピーの子を持つ友達と話した時、実家に帰ると子供のアトピーがすごい速さで改善すると言っていました。やはり肌の乾燥は、アトピー悪化の原因となり、アトピーを改善させる非常に重要なポイントになります。

サイト内参考記事/
>>乾燥対策!アトピー用の入浴剤で上手にお風呂!
>>肌のバリア機能をアップさせる保湿剤

田舎でアトピー改善

アトピーの原因その2 ~悪い食べ物がアトピーを悪化させる~

アトピーと食事は非常に深く関係しています。例えば授乳中のママの食べ物で赤ちゃんのアトピーが悪化するほど、アトピーの子たちにとって、食べ物の選択は重要なのです。

アトピーが悪化する食べ物は、これも個人差がありますが、ただかなり共通するものも多く、油と砂糖が大量含まれたチョコレートはその代表的なものです。他にもこれも油が多いカレーライス、牛肉、コンビニ弁当などの添加物の多いもの、野菜の農薬、市販のお菓子などなど、あげればキリがないほどなんです。

また、胃腸が弱い子が多いアトピーの子たちには腸内環境を悪化させるようなものは長期的に見て、アトピーを悪化させてしまいます。

これを読むと、「食べるものがない!」「生活出来ない!」と叫びたくなると思いますが、まさにそうなんです。アトピーを悪化させるものを食生活から全て排除することは、ほぼ無理だと思います。

では一体どうすればいいのでしょうか?それは、腸内環境を改善し、胃腸を強くし、運動など体の代謝を良くする努力をして、アトピーを悪化させる食べ物に負けない強い体を作っていくことが大切なのです。

もちろん、そのような体が出来るまで、ある程度体に悪い食べ物は避ける必要があります。アトピーだとしても、子ども達の体はより強く成長しようとする可能性を秘めています。その力を信じて、共にアトピーに負けない体作りを取り組みましょう!

サイト内参考記事/
>>腸内環境を整えることによってアトピー改善する
>>砂糖がアトピーを悪化させる
>>アトピーと食事について

アトピーの原因その3 ~汚れた空気がアトピーを悪化させる~

PM2.5などの大気汚染問題がありますが、それによってアトピーが悪化したという話をよく聞きます。実際にわが家の子どもたちにとっても大気汚染は問題で、アトピー改善の大きな妨げとなりました。
PM2.5は田舎でも都会でも同じように飛来してきていますが、都会だとすでに街中の工場や車などの排気ガスによってさらにプラスされてしまいます。

サイト内参考記事/
>>大気汚染がアトピーの原因に
>>黄砂がアトピーの原因に
>>空気清浄

ダニ

アトピーの原因その4 ~塩素の入った水がアトピーを悪化させる~

誰もが知っている通り、水道水には殺菌のため、塩素が含まれています。水道水に金魚を入れると死んでしまうように、人にとっても、よいものではありません。
近年、日本では、ますます塩素の濃度を上げる傾向にあります。塩素は皮膚にアトピーの炎症を起こすだけでなく、からだの中の細胞を傷つけます。 それだけでなく、お風呂などの湯気に含まれる塩素を吸い続けることによって、気管支や、鼻の粘膜に害を与え、喘息や、鼻炎まで引き起こすといわれています。 都会よりも田舎の方が水がキレイなので、当然塩素濃度も少なくてすみます。

サイト内参考記事/
>>上手な飲料水、風呂の脱塩素方法

塩素

田舎への旅がアトピーの原因を明らかに!

上記のように田舎に行くことによって、アトピーの原因のいくつかが明らかになりました。しかし、簡単に田舎に引っ越せるものでもなく、生活は都会です。さらに子供たちを取り巻く環境は、食べ物、空気、水の汚染だけにかぎらず、大量の化学物質や、様々なストレスに囲まれています。わたしたちが子供の頃には、考えられないような、悪化した環境の中で、子供たちは毎日、一生懸命生活しています。
アトピーの真の原因をママ自身がしっかりと理解し、都会であったもそれを取り除く努力を行い、愛する子供と共にアトピーに負けず、立ち向かっていきたいものです。

サブコンテンツ

体の中から治す!

乳酸菌を強い味方につける!

便秘を治し、アトピーを改善!

夜グッスリ寝るには?

サプリメントでアトピー緩和!

お腹の赤ちゃんのアトピー予防!

0才からのステロイドを使わないアトピー治療

このページの先頭へ

inserted by FC2 system