アトピーに保湿は必要?不必要?

アトピーに保湿は必要?不必要?

アトピー保湿は絶対必要!と言う人もいれば、アトピーに保湿は不必要!と主張する人がいます。医者であっても二通りにわかれます。

一体なぜこのような両極端に意見がわかれてしまうのでしょうか?

実際わが家でも、アトピーの子ども達の為にどちらを選んだらいいのかわからず、2つの方法を試しました。その結果私が学んだこと、効果的だったこと、失敗したこと、そしてわが家の子ども達と見出した結論を紹介します!

それは医者切っても切れない深い関係です。特に赤ちゃんや子どもの肌は乾燥しやすく、安全な方法での保湿が必須です。しかし、人工的な保湿剤が、アトピーの治りを遅らせてしまうことがあるのです。
一般的なアトピーの治療として、ステロイドを塗ることと、 保湿剤で保湿することがセットで行われています。しかし、脱ステロイドをし、皮膚の回復をはかろうとする場合、化学的な成分の保湿剤が治りを遅らせてしまいます。

保湿は必要だけど、無視できない保湿剤の問題!

保湿剤の防腐剤

まず、アトピーを改善する為には保湿は絶対に必要だと思います。なぜならアトピーの症状や乾燥によって、肌は傷つき、かゆみがドンドン増す状態になっているからです。

その状態から脱出しなければ、乾燥→強いかゆみ→掻きむしる→症状の悪化を繰り返してしまうことになります。

それは誰が見てもわかることです。では、なぜ保湿はいらないと言う人がいるのでしょうか?

その理由は保湿そのものではなく、「保湿する為の保湿剤」自体が問題を起こす場合があるのです!

通常保湿剤は、その保湿剤に含まれる成分で肌の潤いが逃げないようにします。すこし乱暴な表現をすれば、肌にフタをするようなイメージです。

要するに乾燥を防いでくれるという効果あります。これによって確かにはじめのうちは、肌の乾燥が抑えられ、非常に効果的だと感じると思います。

しかし、「長期的に」使うことによって問題が生まれてきます!

それは、肌の「保湿剤依存」状態です!

さらに詳しく説明したいと思います。

保湿剤がなければ潤わない肌

保湿剤依存

肌にはもともと肌が自分自身を潤わせる力があります。しかし、アトピーによってその力が低下した状態になってしまいます。特に赤ちゃんや子どもの肌はアトピーでなくても乾燥しやすいという特徴があります。

この肌を潤す力が正常化し、さらに保湿力をアップさせることがアトピーを治す為に必須のことなのですが、それを長期的に保湿剤を使うことによって妨げてしまうのです!

それはまるで、ステロイドを使用する時と同じように保湿剤無しでは保湿出来ない保湿力のない皮膚にしてしまうのです。

一時的ないいかもしれません。しかし、幼い時から保湿剤を使う続けた肌が健康へと向かうとは到底思えません。むしろ、幼い時から保湿力をアップさせる為にはどうしたらいいかを考えるべきなのです。

それはまるでステロイドがやめられなくなる時と同じように保湿剤を使い続けることによって、気づいたときには黒ずんだ肌と人工的な保湿剤なしには保湿出来ない保湿力のない皮膚にしてしまうのです。

さらに保湿剤の問題はもう一つあります!

保湿剤に含まれる防腐剤が肌のダメージになる

肌のダメージ

アトピーの人達の肌は患部が黒ずんでることがあります。この理由は複数あるようですが、実はこの肌の黒ずみの理由の一つが、保湿剤に含まれる防腐剤と言われています。

ちなみにステロイドにも防腐剤が含まれているので、ステロイドと保湿剤を使用し続けた肌は、黒ずんだり、赤みと黒ずみで紫に見えたり、しかもその部分がカサカサの状態になったりします。

これは、防腐剤が引き起こす「皮膚の酸化」と言われています。また、保湿剤はステロイドと同じように、皮膚の本当の状態を隠しているだけで、実際に治しているわけではありません

しかも保湿剤には様々な「化学的な添加物」が含まれています。それを毎日毎日何回も肌に塗ることによって肌に異常が起こってしまうのは当たり前なのかもしれません。

では保湿剤を使わずに、肌の乾燥をどうすればいいのでしょうか?

『脱保湿』の注意点!

ここまで来ると、保湿はしない方がいい!と主張する人たちの意見が正しいような気がしてくると思います。

実は、アトピー治療の一つとして「脱保湿」という方法があります。

これをすると脱ステロイドと同じようにリバウンドがあります。長い間、人工的な保湿剤で保湿され続けた肌は自然の皮膚機能が低下しているので、 やめると、ありえないほどガビガビに乾燥してしまいます。しかし、このリバウンド期間を乗り越えると肌が自分で保湿をするようになるという方法です。

ただ、この方法は赤ちゃんや子ども、大人でも重度のアトピーの場合には不向きなのです。なぜなら肌自体の力で保湿するには肌が「皮脂膜」を作れることが大前提です。しかし、赤ちゃんや子供はまだまだ皮膚が未熟で、しかもステロイドや防腐剤で弱った肌は「皮脂膜」をしっかりと作り出すことが出来ません。

保湿剤もダメ、脱保湿もダメ

保湿剤もダメ、脱保湿もダメ、では一体どうしらいいのでしょうか?

私たち家族がたどり着いたのは、肌の保湿力をアップすることが目的の保湿剤を使うこと、また、化学的なものが無添加、もしくは限りなく無添加に近い保湿剤を使うことです!

肌自体の保湿力を高があ高まるということは、「肌を保湿する力}「有害なのをはねのけるバリア機能」を高まるということです!

そんな都合のい保湿剤があるのでしょうか?

実は非常に数が少ないのですが、そのようなアトピーを本質的に治すサポートが出来る保湿剤を作ってくれているメーカーがあるんです!

肌の保湿力をアップする保湿剤2つ紹介!

肌のダメージ

「みんなの肌潤糖」、「アトピスマイル」はアトピーで悩む人、乾燥肌で悩む人に非常に人気のある保湿剤です!

てん菜糖とお米エキスと原料は異なりますが、どちらも天然成分を活用して、肌自体の保湿力をアップさせる為に開発されたおすすめの保湿剤です。

ちなみにわが家ではどちらも試してみましたが、どちらも甲乙つけがたい効果でした!

以下に「みんなの肌潤糖」のレビューを紹介します!

アトピスマイルは他のページで特集していますので、そちらを参考にしてみてください!

>>お米で作った保湿クリーム「アトピスマイル」

『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』で肌の保湿の力をアップ!

みんなの肌潤糖

日本一売れている保湿ケア用品
みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)

わが家でメインで使っている保湿剤が、アトピーの方々や乾燥肌に悩まれている方々にとても評判の良い、この日本で一番売れている保湿ケア用品のみんなの肌潤糖 です。
朝とお風呂の後に塗るのですが、これは「アトピーによる乾燥」に本当に効果的で、弱くなった肌の保湿力やバリア機能を高めてくれます。
みんなの肌潤糖 について詳しくは以下の体験談をご覧下さい。

『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』体験談!
(自然な成分で保湿ができます!)

『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』って聞かれたことがありますか?
最近、アトピーの患者たちの間で話題になり効果を上げている砂糖があります。
この砂糖は食用としての砂糖ではなく、なんと肌に塗る砂糖なのです!
わたしが知ったのはつい最近で、子どもの腸内環境改善のためにとてもお世話になっているカイテキオリゴの会社から新しい製品ということで連絡があり、知ることができました。

まずは、子どものためにどうやったら健康な肌にしてあげられるのか、というところで試行錯誤したお母さんにとても共感しました。
早速、公式サイトを訪問しました。>>『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』
公式サイトの内容としては、原料開発者は肌のトラブルに悩む娘を持つ普通のお母さん。娘さんは、0歳~15歳まで毎日ステロイドを20g、通常の5倍もの量を使っており、肌は象のように硬く黒ずみ、体中に黒い斑点があったそうです。

娘のために自ら研究を始めたのがきっかけで出来た製品で、実際にその娘さんは、その砂糖によって肌の状態はどんどん改善し、現在は雑誌モデルをしているそうです。仕組みとしては、砂糖自体がアトピーを治す訳ではなく、砂糖という自然なものを使って肌の吸水力と保湿力を高めるそうです。

『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』の仕組み
とにかく、自然なものであり、高価過ぎないので、バイバイアトピーとして試してみることにしました!

『みんなの肌潤糖』を購入した時のレビューです

みんなの肌潤糖

注文してみました!
『単品お試し35g』、『単品お徳用パック100g』、『定期購入3ヵ月毎コース』、『定期購入1ヵ月毎コース』があったのですが、どれにするか迷ったのですが『お試し35g』はちょっと少なく効果がわかりにくかな?と思ったので、『単品お徳用パック100g』 を注文しました。

体験談も含め様々な資料も同封

みんなの肌潤糖

いろいろな方の体験談も含め様々な資料も同封されていました。

みんなの肌潤糖の成分

みんなの肌潤糖

材料の主成分の「てん菜糖」がデザインされています。 全成分は、てん菜糖、ココナッツオイル、ヘーゼルナッツ油、ブドウ種子油、ゴマ油、ヒマワリ油、サフラワー油、ビタミンE、グレープフルーツ果皮油、オレンジ果皮油、レモン果皮油、ジャスミン果皮油と表記されています。

中を開けるとこんな感じに・・・

みんなの肌潤糖

中を開けるとこんな感じに砂糖が入っていました。砂糖っていうイメージではない感じです。においが柑橘系でとてもスッキリとしています。ちょっと美味しそう。(※食品ではありません。)

スプーンですくうと・・・

みんなの肌潤糖

スプーンですくうとこんな感じです。

アップにすると・・・

みんなの肌潤糖

アップにすると質感がよくわかります。これをぬるま湯に溶かしてアトピーの症状がある箇所に塗り、保湿をします。

『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』について詳細はこちら

『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』体験談

みんなの肌潤糖

購入した『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』 を試してもらったのは、わたしの妹の息子です。彼は現在1歳2ヶ月で、生まれたときからか結構ひどいアトピーです。
同じタイミングで実家に帰った時に、使用を勧めました。そしてこのようなメールが後から届きました!

妹からのメールの内容は・・・。

もらった「みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)」、すばらしく感心しながら使っています。
お姉ちゃんが帰ったその日から使い始めて、初日から効果を感じました。
うちではお風呂上りに一回とくに気になる頬を重点的にパックしています。以前はお風呂上りから寝る前にすぐかゆくなって、日中でも(自然な保湿剤を)頻繁に重ね塗りし直している状態でしたが、肌砂糖だけの体制に替えたら一日中かゆがることが無くなって驚いています
たまに見た目がかさっかさのときにはソンバーユを塗るくらい。まだアトピー性の炎症が治ってるわけではないので喜ぶには早いかもだけど、夜に血だらけになってるということがなくなっただけでもかなりありがたいです。今後の活躍にさらに期待しています!

本当にありがとうね!!
また目に見える効果が出てきたら報告しまーす!

このメールを見て、これは「バイバイアトピー」に載せなくては!と思い、早速記事を書いてみました。今後アトピーにどのような良い効果がでるか楽しみですが、とにかくかゆみがおさまるだけでも素晴らしい効果だと思います!
数日後、また妹からメールがありました。今度は妹自身がこの「奇跡の肌砂糖」を使った感想でした。

肌潤糖ですごい効果が現れたよ!効果が現れたのは、わたしです。
乾燥した環境に住んでいるのに手入れを全くしなかったせいで目の周りのお肌がここ何ヶ月もひどい乾燥で、皮膚が硬くなってざらざらしてて、どんなクリームも受け付けない状態でした。
肌潤糖をお風呂で目の回りに使ってみたら、1週間もしないうちにもとの肌に戻ったよ!感激です!ありがとう!

さらに使い始めて1ヶ月半が経ってから、

息子に使い始めて1ヶ月半、顔にだけ使ってて顔だけかなり良くなってきたみたい。とりあえずやってることは肌潤糖くらいなんだけど、もう1ヶ月くらいステロイド塗ってないけど顔をかかなくなった。
かかないだけでかなりいい状態も保てるし、完全には治っていないけど1月の時に比べたらすごくいいよ。みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)ちょぴっとずつしか使わないし、無くなるのも遅いし、これはかなりお買い得だと思う。まだ半分くらい残ってる。これからもよくなるのが楽しみ。どうもありがとう!

妹のメールを読んで、肌の乾燥対策に本当に効果的だと言うことがわかりました!アトピーのお子さんの為に特に冬など乾燥の時期は手放せないアイテムになりそうですね!
購入した時に一緒に送られて来た「みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)の体験談」から抜粋してみます。

みんなの肌潤糖体験談
とにかく、自然なものであり、高価過ぎないので、バイバイアトピーとして試してみることにしました!

★気になる箇所がほとんどなくなりました。

いつも肌をかゆがる息子(8歳)に使用して1週間。書き崩してしまったひざ裏に集中的に使用してみました。1週間たった今、気になる箇所がほとんどなくなりました。今までは皮膚科で処方されたステロイドに頼っていましたが、「奇跡の肌砂糖」があれば大丈夫そうです。

★「みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)」のおかげだ!と実感。

「みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)」を肌になじませてから、ぬるめのお湯をはった湯船に入る方法wぽおススメされたので試してみたところ、気になっていた部分が、ものすごいスピードで良い感じになっていきました。

★驚く程変わってっきています。

頭皮にアザラシの皮膚のように固く、かゆみを伴う部分が二ヶ所あり何年も皮膚科へ通い、薬でしのいできました。「みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)」を購入して三日目にあんなにかゆかった頭皮が、驚く程正常な皮膚に変わってきました。

→他にも『みんなの肌潤糖』の体験談は公式サイトから

わが家の『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』体験談

春先は、アトピーが悪化する時期と言われています。季節の変わり目の気候の変化や気温が上がり汗をかきやすくなるなど環境の変化によるストレスなどに影響を受けやすく、さらに転勤や転居、クラス変えなどの環境にも最も変化が見られます。春は花粉症の季節でもあり、花粉症とアトピーを併発するケースは多いといわれています。

わが家の子供たち、二人ともステロイドが全くいらないほど回復はしましたが、冬の乾燥の時期に少しアトピーが出たりすることがあります。
さらに冬で少し出たアトピーが春先に悪化することがあり、今年(2012年)は、この時期に「みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)」を使ってみようということになりました。まず症状ですが、

息子 → ひざの内側が寝るときかゆいといい起きることがある。

娘 → 頬と首のまわりに少し症状が出ていて、日中や夜寝るときにかゆがる。

早速、お風呂の時に塗ることにしました。まず、患部にしみないのがすごく助かります。特に1歳半の娘は、『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』の入れ物を見るだけで、塗ると気持ちがいいらしく顔をグッとあげて「塗ってほしい」というジェスチャーをします(笑)。
効果の程ですが、寝る前のお風呂で塗るようになってから二人とも寝付きがすごく良くなりました!

肌の保湿力アップに効果を現している結果です。息子も去年に比べて症状も軽くすみ助かってます!

公式サイト/
→『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』公式サイトはこちら

体の中から肌を強くするには?

わが家でアトピーの子ども達の為にいろいろと試してきましたが、肌を強くするには体の外からだけでは足らないということを実感しました。

アトピーの子の多くは、腸内環境が悪く便秘気味だったり、胃腸が悪い子が多いという研究結果があります。そして、アトピーでなくても、胃腸が弱ると肌が荒れるのは特に多くの女性が経験していることと思います。

しかし、逆に言えばアトピーの子ども達の腸内環境を改善し、胃腸を強くすることが出来れば、それ自体が「肌を強く」することにつながるのです。

その為にアトピーの子たちに合った食生活が大切になるのですが、一番最初のスタートしては、腸内環境を改善するオリゴ糖が最も適していると思います。

カイテキオリゴ

カイテキオリゴは、腸内環境を改善するために必須なお腹の中にすでに住んでる「善玉菌」のエレルギーとなり、活発にしてくれるのです!

[公式サイト]

腸内環境を改善するカイテキオリゴ

実は、カイテキオリゴのメーカー自体もカイテキオリゴを「アトピー対策、アレルギー対策」としてすすめているんです。実際にカイテキオリゴの愛用者の方々から、「肌の調子が良くなった」という声が届いてるそうなんです。そして、それを紹介するメールがカイテキオリゴから届いたので、一部紹介します。↓

朝ふんばってもスッキリできなくて苦しい。。。
という方に支持をいただき、日本で一番選ばれているオリゴ糖となりましたが、なぜ?このように、朝のガンコなぽっこりのお悩み解決と共に「肌の調子が良い!」という実感を得られるのでしょうか?

↓ ↓ ↓ ↓
┌─ 腸と免疫について ──
まず、ご存知のことだと思いますが、
アレルギー反応の一つとして、
アトピー性皮膚炎があります。

そして、これも広く知られている事ですが
腸内環境と、アレルギー反応に関しては
切っても切れない関係性があります。

腸は体の中で最も大きな免疫器官であり
免疫細胞の約6割が腸に集まっています。

免疫細胞は、
アレルギーの原因となる細菌やウイルスが
体内に侵入するのを防いでくれるのです。

ですから、腸の働きを良くすることが、
アトピー性皮膚炎対策にはとても重要だということが
おわかり頂けると思います。

病院でもアレルギー対策や免疫力向上のために

腸内環境の改善に力を入れている ところが多くあります。
└────────────


『カイテキオリゴ』は体内の善玉菌(ビフィズス菌)のエサとなり善玉菌を元気にさせて、体内環境を整えます。

>>今、ちょうど初回半額キャンペーンやってました!↓

カイテキオリゴ初回コース

アトピーケアの為のおすすめ入浴剤!

みんなの肌潤風呂

アトピーに効果的という入浴剤はいろいろ試して来ましたが、どれもこれもイマイチでした。しかし、この入浴剤はとても効果を感じた入浴剤です。

入浴剤の名前は、アトピー肌専用入浴剤『みんなの肌潤風呂』です。

上記の「みんなの肌潤糖」を販売している会社が作っているもので、特にお風呂の後の肌の乾燥対策として特化しています。

特にわが家では、乾燥の時期が始まる秋から使い始め、冬を乗り切る為に重宝しています。わが家の詳しい「みんなの肌潤風呂体験談はこちら」です。

[公式サイト]

アトピー肌専用入浴剤『みんなの肌潤風呂』

サブコンテンツ

体の中から治す!

乳酸菌を強い味方につける!

便秘を治し、アトピーを改善!

夜グッスリ寝るには?

サプリメントでアトピー緩和!

お腹の赤ちゃんのアトピー予防!

0才からのステロイドを使わないアトピー治療

このページの先頭へ

inserted by FC2 system