アトピーの子は「おむつかぶれ」になりやすい

「おむつかぶれ」
アトピーの子は、肌が弱いので「おむつかぶれ」になりやすいというのが問題です。
なぜなら脱ステロイド中やステロイドなしで治療をしているとします。「おむつかぶれ」が出来、それを小児科や皮膚科にみせに行くと、多くの場合ステロイドを処方されるのです。
医者にとっては「皮膚のトラブルで困ったらステロイド」という感じかもしれませんせが、ステロイドを使いたくない時にステロイドを使わないといけないという状況に立たされてしまうのです。実際にうちの娘がまだアトピーがひどかった時、「おむつかぶれ」の為に3日くらいステロイドを使いました。
するとお尻にしか塗っていないステロイドの影響で、全身のアトピーの炎症が改善してしまったのです!改めてステロイドの強さを感じました。

「おむつかぶれ」にはゴマ油

娘のおむつかぶれはステロイドによって改善しましたが、やめればまたおむつかぶれが再発…。そしてまたステロイドが必要になってくるという繰り返し。
これでは、アトピーと同じだと思い、おむつかぶれをステロイドなしで治す方法を探しました。
方法を探してみて、最も良さそうだったのは「ゴマ油」を塗るという方法です。早速我が家でも試してみたので体験談を紹介します。
まず、おむつかぶれの原因はだいたい以下のようなことが考えられます。
・アトピーの子の皮膚の弱さ
・尿や便(大腸菌などの腸にいる菌)
・汗やおむつによってムレ
この原因を取り除くために効果的なのが「ゴマ油」です。「ゴマ油」の油分がバリアとなり、上記の原因から守ってくれるのです。

ゴマ油を塗る方法とタイミング

お風呂上がりの時とお尻をふくときは毎回「ゴマ油」を塗ります。直接でもいいですが、コットンなどにゴマ油をつけ、トントントンと塗ってあげます。出来ればお尻をふくときは、おしりふきではなく、水で洗ってあげるといいと思います。うちの娘もそのようにゴマ油を塗っていたらドンドン改善して、きれいなお尻になりました!
いったい、ステロイドとは本当に必要なものなのか…という疑問で一杯になりました。

太白胡麻油

EM+ゴマ油で効果倍増!!

当サイトでは、アトピーによって傷ついた肌の再生のためにEMを使う民間療法を紹介していますが、実はおむつかぶれにも利用できます。
EM+ゴマ油を塗る方法は簡単で、まずおむつを替える度に最初にEMをかぶれているところに塗ります。その後にゴマ油を上から全体的に塗る。これだけです!ただ、この時に注意なのがあまりかぶれが酷いところや、皮膚でなく粘膜のところはすごく染みるので避けます。特に女の子は気をつけてあげて下さい。
全体的に酷い場合はごま油のみである程度改善してからEMを使うといいと思います。この方法でまさに効果倍増!です!

サイト内参考記事/ >>EMによる皮膚の再生

サブコンテンツ

体の中から治す!

乳酸菌を強い味方につける!

便秘を治し、アトピーを改善!

夜グッスリ寝るには?

サプリメントでアトピー緩和!

お腹の赤ちゃんのアトピー予防!

0才からのステロイドを使わないアトピー治療

このページの先頭へ

inserted by FC2 system