アトピーにヨーグルトは良いか悪いか?

ヨーグルトでアトピーが治るってホント?ウソ?

アトピーヨーグルトで改善させるという方法がついてですが、これは半分正しく、半分間違っています!

アトピーの子は腸内の善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)が少ないという研究結果があります。

その事実から最近アトピーは乳酸菌をとれば治るという方法が一般的に知られてきました。これは他のアレルギーに対しても同じように言われています。

しかし「乳酸菌を毎日とることによってアトピー(アレルギー)が改善する」ことと「ヨーグルトでアトピーが改善する」というのはイコールではないのです。

何がなんだかわからないと思いますので、詳しく説明したいと思います。

腸内環境が改善されれば免疫システムが正常になる

アトピーやアレルギーは無害なものに対して免疫システムが過剰に反応した結果、かゆみなどの様々な症状が出る病気です。逆に言えば、免疫システムが正常になれば症状が出なくなると言えます。

この非常に大切な免疫システムを正常にするのが小腸、大腸の「免疫細胞」です。しかし、上に書いたようにアトピーの子の腸内は善玉菌が少なく、腸内環境が悪いので、この影響で「免疫細胞」がしっかりと働けていいない状態なのです。

もう少し詳しく説明すると、免疫は小腸と大腸によって調整されます。小腸の免疫細胞は大腸の100倍と言われ、小腸がリーダーで大腸がサブのような感じなのですが、重要なのが腸内環境が悪いと大腸で悪玉菌によって腐敗が起こり、有害物質が生まれます。この有害物質が免疫システムに異常を起こすことがわかっています。

専門的な話が続いてしまいましたが、まとめると腸内環境が悪いと免疫システムが正常に働かないので、アトピーが悪化するということなのです。

だからこそ、乳酸菌をとることによってアトピーを治すという方法が勧めらているのです!

すると、自然に「乳酸菌をとろう!」、「ヨシ!ヨーグルトだ!」という流れになると思いますが、そこが要注意なのです!

ヨーグルトの動物性タンパク質に要注意!

動物性タンパク質

アトピーを改善に導くほどの「乳酸菌」をヨーグルトから毎日たくさんとると言うことは、毎日動物性タンパク質を大量にとるということになります。

この動物性タンパク質の問題です。実は動物性タンパク質のとりすぎはアトピー悪化を招くことがわかっています。実は、タンパク質は悪玉菌のエサとなります。しかも動物性脂肪も悪玉菌のエサとなるので、やはり肉類の食べ過ぎも腸内環境悪化の元になってしまうのです。

そして、それは同時に悪玉菌による有害物質の生産につながり、有害物質による免疫システムの異常へとつながっていくのです。

よくアトピーの子が洋食から和食中心の食生活にしたらアトピーが治った!と言う話を聞きませんか?

和食に変化することによって著しく動物性タンパク質が減ることによってアトピーが改善しているという側面があります!

日々の食生活は各家庭によって異なりますが、欧米化した食生活の現代に日本では動物性タンパク質の摂取量は非常に増えています。食の欧米化がアトピーの子どもを増やしたと主張する人たちの理由がここにあるのかもしれません。

牛肉、豚肉、ヨーグルト、牛乳、バター、チーズなどなど私たち日本人の体には負担になるものが多いのですが、そのどれもが子ども達が大好きなものでもあります。

もちろん動物性タンパク質は必要なものなのですが、総合的にとりすぎになってしまうとアトピーに悪影響を及ぼすので、毎日たくさんのヨーグルトを食べることが問題なのです。

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌でアトピーが治る!?

突然ですが、カスピ海ヨーグルトってご存知でしょうか?ヨーグルトが好きな人は一度は聞いたことがあると思います。

カスピ海付近のコーカサス地方で日常的に食べられるヨーグルトで、その地方は長寿、健康で有名な地域でもあります。

カスピ海ヨーグルトの粘り

カスピ海ヨーグルトの特徴は、その「粘り」です。まるでトルコアイスのように粘ります。

この粘り自体がクレモリスFC株によるものなのですが、この粘り成分EPS(Exopolysaccharide)が皮膚の炎症を抑制することが学会で発表されています!

しかもこの粘り成分EPSが「炎症細胞の数を減少させる」だけでなく、「免疫反応を活性化」することが明らかになったのです!

>>【公式】「カスピ海ヨーグルト」の粘り成分がアトピー性皮膚炎を改善

炎症を緩和させ、免疫システムを活性化するって、まさにアトピー改善の為の乳酸菌と言えるのではないでしょうか!?

しかし問題は上記の通り、動物性タンパク質なのです。アトピーを改善させるクレモリスFC株という乳酸菌はとりたいのですが、動物性タンパク質は私たち日本人の体には合わないのです。

乳酸菌はとりたいが、動物性タンパク質は大量にはとれない。これがヨーグルトでアトピーを改善する方法の半分が正しく、半分が間違っているという意味なのです。

動物性タンパク質をとらずにカスピ海ヨーグルトの力を使うには?

とは言え、カスピ海ヨーグルトの素晴らしい力を出来ればアトピーケアに使いたいと感じると思います。

実はその為の方法があるんです!

カスピ海ヨーグルトがサプリになったんです!アトピーを改善させる働きを持つ乳酸菌「クレモリスFC株」を一粒で20億個以上もとることが出来るんです!もちろん動物性タンパク質はとらなくてすみます!

それがこの善玉菌のチカラです↓

善玉菌のチカラ

ちなみに乳酸菌「クレモリスFC株」はとても強い種類の乳酸菌なので、しっかりと「生きて腸に届く」ので、善玉菌の少ないアトピーの子たちの腸内で活発に働いてくれます!

また、乳酸菌によるアトピーケアは大人よりも子どもの方が効果があらわれやすいと言われています。どういうことかと言うと、子どもはもともと胃腸の働きが未熟な為、食物アレルギーにもなりやすいという事実があります。

ということは、腸内環境も悪化しやすく、腸内環境の問題でアトピーが発症したり、悪化したりしている場合が多いのです。

この事実から考え、子どもの方が乳酸菌によるアトピー改善の率が高い理由がわかると思います。

幼いうちから腸内環境を改善しておけば、小学生、中学生、と成長するにつれて免疫力も高まり、アトピーの症状も改善しやすくなります。

逆に腸内環境の改善に取り組まずに成長すると、成人してもアトピーが治らない「大人アトピー」へと発展していく場合が多いようです。

乳酸菌によるアトピーケアは長期的に続けるケアではありますが、実は長い目で見たときにアトピー完治への近道と言えます!

子どもはカプセルの中身を出して飲んでもOK!

善玉菌のチカラ

1日1-2粒が目安です。

うちの子は善玉菌のチカラを飲み始めたのは3、4才で、カプセルが飲めなかったので、メーカーに「中身を出して飲んでも効果は変わらないですか?」と問い合わせてみたところ、「もちろん大丈夫です」と答えて頂きました。

やはり、しっかり腸まで届く乳酸菌だけあって、唾液や胃酸に直接ふれても問題なく腸まで届いてくれます!

ちなみに成分的には「赤ちゃんでも飲んでも大丈夫」とのことでした!

老若男女問わず、アトピーケアの中で最も重要なのは「免疫力アップ!」です。「善玉菌のチカラ」はアトピーで悩む全ての人に「体の中からアトピーを治す」チカラを与えてくれます!

※公式サイトには薬事法の関係でアトピー改善についての情報は掲載されていません。

>>「善玉菌のチカラ」公式サイトはこちら

【裏ワザ!】乳酸菌の力を加速させる方法!

つい忘れがちですが、乳酸菌は生物です。「生きている」と言うことは、腸内に届いた後、活発に働くには私たち人間と同じように食べ物が必要なのです。

乳酸菌の食べ物はなんだと思いますか?

それはオリゴ糖です!「お腹の為にオリゴ糖をとりましょう!」のようなフレーズをどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?これは、オリゴ糖をとることによってオリゴ糖が腸内の善玉菌のエネルギー源となって、善玉菌を活発にしてくれるという方法なのです。

もう少し詳しく説明しましょう。

「腸内環境が悪い」、「腸内環境が悪い」と言いますが、これがどういう状態なのかと言うと、まず腸内細菌は「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」というグループに分けられます。

「腸内環境が良い」とは、このそれぞれのグループの数の割合が善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割の状態を指します。

腸内細菌の良いバランス

このバランスが崩れ、悪玉菌の数が増えてしまい、善玉菌の数が減ってしまうと「腸内環境が悪い」状態になってしまいます。

この悪玉菌優勢の状態に「生きて届く乳酸菌」を取り入れることによって、善玉菌を増やし、崩れてしまった腸内細菌のバランスを戻すのです。

この時、オリゴ糖を同時にとれば、お腹の中に元々いる善玉菌と「善玉菌のチカラ」で取り入れた乳酸菌のエネルギー源となり、腸内環境の改善を促進してくれるのです!

まさに、「裏ワザ的な乳酸菌の力を加速させる方法」なのです!この方法によって、個人差はあるものの乳酸菌サプリを始めてから効き目を感じるまで期間を早めることが出来ます!しかもとても自然な方法なので安全です。

オリゴ糖+食物繊維で善玉菌の「育菌」!

オリゴ糖はプレバイオティクス(プロバイオティクスではありません)と呼ばれ、善玉菌の食べ物になる食品ですが、プレバイオティクスの代表はオリゴ糖だけでなく、食物繊維もそれに該当します↓

食物繊維

オリゴ糖に加え、さらに食物繊維を豊富にとることによってさらに善玉菌の力が促進されます!

上記で欧米的な食事から和食にすることによってアトピーが改善したのは、動物性タンパク質が減ったから、という話を書きましたが、和食によって食物繊維をとる量が増えたこともアトピー改善の一つの理由なのです。

一つ一つのことがつながっていくように感じないでしょうか?

「腸内環境の改善がアトピーの改善につながる」、この一昔前では誰も語っていなかった真実が明らかになりつつあるのです。

「乳酸菌クレモリスFC株」、「オリゴ糖」、「食物繊維」をとることによって腸内の善玉菌を増やし、活発にする、まさに善玉菌の「育菌」こそがアトピー改善への王道と言えると思います!

オリゴ糖の上手なとり方!

カイテキオリゴ開封

ではどうようにオリゴ糖を日々とったらいいのでしょうか?

オリゴ糖を含む食品はたくさんありますが、急ピッチでアトピーを改善させる為には日々の食事だけではオリゴ糖の量が少なすぎます。

そこでおすすめなのが、てん菜糖ベースのオリゴ糖の粉末です。

よくスーパーなどで並んでるオリゴ糖は甘味料の中にオリゴ糖が配合されている液体タイプのもので、純粋なオリゴ糖ではありません。

純粋なオリゴ糖の粉末を毎日とることによって、腸内環境改善に有効な量を体に取り入れることが出来るのです。

実はありがたいことに「腸内環境改善を目的としたオリゴ糖パウダー」が販売されているのです!

複合タイプのオリゴ糖がおすすめです!

ではどうようにオリゴ糖を日々とったらいいのでしょうか?

オリゴ糖を含む食品はたくさんありますが、急ピッチでアトピーを改善させる為には日々の食事だけではオリゴ糖の量が少なすぎます。

そこでおすすめなのが、てん菜糖ベースのオリゴ糖の粉末です。

よくスーパーなどで並んでるオリゴ糖は甘味料の中にオリゴ糖が配合されている液体タイプのもので、純粋なオリゴ糖ではありません。

純粋なオリゴ糖の粉末を毎日とることによって、腸内環境改善に有効な量を体に取り入れることが出来るのです。

実はありがたいことに「腸内環境改善を目的としたオリゴ糖パウダー」が販売されているのです↓

カイテキオリゴ

このカイテキオリゴは便秘で困ってる老若男女にとても評判がいいオリゴ糖です。腸内環境改善用のオリゴ糖の元祖とも言うべきオリゴ糖です。

ところで、オリゴ糖自体は赤ちゃんのミルクにも配合されているのはご存知でしょうか?最近赤ちゃんの便秘が多くなってきているのですが、それと同時に赤ちゃんのアレルギー、アトピーも増えています。

腸内環境とアレルギーが密接に関係している為に、ミルクメーカーも便秘対策、腸内環境改善目的でオリゴ糖を配合しているようです。

そして、カイテキオリゴも赤ちゃんからでも使える安全なオリゴ糖です。

もちろん安全というだけではなく、このオリゴ糖は腸内環境改善の為の工夫がされています。

今までのオリゴ糖は一種類のオリゴ糖の粉末でしたが、カイテキオリゴは複数のオリゴ糖が配合されている複合タイプのオリゴ糖なのです!

実は、腸内に住む善玉菌は複数いて、種類によって住む場所がある程度異なったりします。そして、善玉菌の種類によって好むオリゴ糖が異なるのです。

カイテキオリゴによって、腸内全体の各種善玉菌に対してそれぞれ必要なオリゴ糖を届けることが出来るという優れものなのです!よく研究されていますよね!

アトピー対策として、カイテキオリゴのメーカーも勧めてます!

実は、カイテキオリゴのメーカー自体もカイテキオリゴを「アトピー対策、アレルギー対策」としてすすめているんです。

実際にカイテキオリゴの愛用者の方々から、「肌の調子が良くなった」という声が届いてるそうなんです。そして、それを紹介するメールがカイテキオリゴから届いたので、一部紹介します。↓

朝ふんばってもスッキリできなくて苦しい。。。
という方に支持をいただき、日本で一番選ばれているオリゴ糖となりましたが、なぜ?このように、朝のガンコなぽっこりのお悩み解決と共に「肌の調子が良い!」という実感を得られるのでしょうか?

↓ ↓ ↓ ↓
┌─ 腸と免疫について ──
まず、ご存知のことだと思いますが、
アレルギー反応の一つとして、
アトピー性皮膚炎があります。

そして、これも広く知られている事ですが
腸内環境と、アレルギー反応に関しては
切っても切れない関係性があります。

腸は体の中で最も大きな免疫器官であり
免疫細胞の約6割が腸に集まっています。

免疫細胞は、
アレルギーの原因となる細菌やウイルスが
体内に侵入するのを防いでくれるのです。

ですから、腸の働きを良くすることが、
アトピー性皮膚炎対策にはとても重要だということが
おわかり頂けると思います。

病院でもアレルギー対策や免疫力向上のために

腸内環境の改善に力を入れている ところが多くあります。
└────────────


『カイテキオリゴ』は体内の善玉菌(ビフィズス菌)のエサとなり善玉菌を元気にさせて、体内環境を整えます。

>>今、ちょうど初回半額キャンペーンやってました!↓

カイテキオリゴ初回コース

乳酸菌によるアトピーケア補足知識

ここから下は、乳酸菌によるアトピーケアに関連する補足的な知識です。ここまででも頭がパンクするような専門的な話も出てきているので、もっと詳しく知りたい!という方は読んでみて下さい(^^)

納豆、漬物など日本の発酵食品で乳酸菌を追加!

納豆

善玉菌のチカラで乳酸菌を取り入れたり、オリゴ糖で乳酸菌のエネルギーを与えることを始めたら、出来れば「生活の中で意識して」腸内環境改善に取り組むことをおすすめします。

ヨーグルトの乳酸菌はとても有名ですが、日本にも昔から食べられている発酵食品がたくさんあり、乳酸菌を食事でとることができます。

例えば、塩こうじ、納豆、味噌、発酵した漬物、醤油など、それぞれが身近なものなので手に入りやすく、少し高価なものを購入すれば、無添加の良いものを揃えることができます。

カスピ海ヨーグルトの乳酸菌「クレモリスFC株」によって、一気に腸内環境を改善し、私たち日本人の腸内細菌に合った日本の発酵食品で腸内環境を維持していくというイメージでしょうか。

日本には植物性の発酵食品が数多くあるので、動物性タンパク質のとりすぎになることもありません。わが家では、和食中心で洋食は「お楽しみ」のようなバランスでアトピー子たち共にがんばっています。

アトピーとデトックス!

デットクスというと何をイメージするでしょうか?岩盤浴で汗をかくようなイメージでしょうか?

デットクスと言うと汗から毒を出すようなイメージが多いのですが、実は体の老廃物や有毒物質などは7-8割は便から排出されます。

と言うことは、デトックスにおいても腸内環境が重要になってくるのがわかると思います。腸内環境が悪ければ、体の毒となるものを体の外に排出する力が低く、外に出られなかった毒は体の中に再吸収されます。

毒が体に再び吸収されたらどうなのでしょうか?実はアトピー悪化の原因になってしまうのです。

やはり乳酸菌によるアトピー改善方法は非常に理にかなってると思います。体のアトピーの原因となるものを出来るだけ便から排出出来るように腸内環境を改善するのが乳酸菌なのです!

腸内環境が改善してるかどうかの判断基準「バナナ状うんち」!

乳酸菌によるアトピー対策を続けると腸内環境の改善し始めます。即効性はないのですが、少しずつ変化する体をよく観察し、腸内環境改善が出来ているか判断する必要があります。

その判断基準はなんでしょうか?それは「うんち」です!

少し私の旦那さんの話をしたいと思います。私の旦那さんは子どもの時からアトピーですが、「子どもの時に便秘をしてた?」と質問したら、驚くべきことにうんちは週に一回が普通だったと言うんです!!

アトピーで腸内環境が悪い子どもの代表のような状態です。

また、腸内環境が悪いとオナラが臭い、オナラが頻繁に出る、などの便秘の症状が複数あったようです。

腸内環境の悪化がひどくなると体臭や口臭もひどくなります。また、他のアレルギーも悪化するので、アトピーの子の多くは喘息やアレルギー性鼻炎も併発します。

そして旦那さんはというと、体臭や口臭のことは覚えてないとのことですが、アトピー、喘息、アレルギー性鼻炎全てに悩まされていました。

うんちの話に戻りたいと思います。旦那さんは、うんちを出すのに時間もかかり、色の濃く、非常に臭いうんちが出ていたそうです。

このことからわかることは、腸内環境が良好ならば「良いうんち」が出るのです。「良いうんち」とは、小学校などで習ったことがあるかもしれませんが、「バナナ状うんち」です!

アトピーの子どもも大人も、アトピー改善の為に目指すべくは「バナナ状うんち」で、ニオイはキツくなく、バナナような形で、色も黄色がかった明るい茶色のうんちです!

ここまでくるとオナラもあまり臭くなく、頻繁に出るようなことはありません。うんちは人の健康のバロメーターでもあるのです。

腸内環境が良好だと便がヨーグルトのにおい?

腸内環境が良好な証拠は、形で言えばバナナ状うんちなのですが、実はにおいも異なります。

腸がしっかりと働き、善玉菌が優勢だとうんちがくさくないんです!

母乳を飲んでる腸内環境が良好な赤ちゃんのうんちのにおいをかいだことがあるでしょうか?まさにヨーグルトのようなニオイがします。

なぜなら赤ちゃんは生まれてすぐなら腸内細菌の9割ほどが善玉菌です。成長ともに善玉菌の割合が減り、離乳食の頃から大人と同じような腸内細菌バランスへと変化していきます。

実は善玉菌が活発だと腸に入ってきた食べ物を「発酵」してくれます。やや酸っぱいようなニオイこそ、腸内環境改善が良好になっている証拠なのです。

大人でも腸内環境が良ければ、わずかににおう程度ですが「ヨーグルトのような発酵臭」がするのです。発酵食品が体に良いのと同じように体内で起こる発酵もアトピーの改善を含め、体を健康に導いてくれます。

便の形(バナナ状)、色(黄色っぽい)、ニオイ(ヨーグルトっぽい)を目指して、乳酸菌をアトピー改善の味方にしましょう!

腸内環境が悪いとお腹の中で腐敗がおこる!?

善玉菌が優勢になると腸内で発酵がおこりますが、その逆はどうなのでしょうか?悪玉菌が優勢になるとどんな悪さをしてしまうのでしょうか?

実は腸内の悪玉菌は、食べ物の中のタンパク質やアミノ酸を分解して、硫化水素やアンモニアなどの有害物質を作ってしまうんです!

硫化水素は卵が腐ったような匂いがある毒物です。アンモニアも強い刺激集があり、これも毒物と言えます。

便秘の時のオナラの匂いが「腐った卵」のような匂いがすることがあるのは、この硫化水素が発生しているのです。

またオナラだけでなく、体臭や汗などがアンモニアの匂いがすることもあります。これはカンタンに言えば、お腹の中で食べ物のカスが腐敗しているんです!

腐った食べ物を誤って食べてしまった場合、嘔吐を含め、様々な問題が体におこるのは誰でも知っていることです。その腐敗が腸内環境が悪いと体内でおこるんです!そして血液を通して、有毒物質をまきちらすことになるんです!

腸内環境の悪化がひどくなると体臭や口臭もひどくなります。また、他のアレルギーも悪化するので、アトピーの子の多くは喘息やアレルギー性鼻炎も併発します。

そうなった場合、様々な病気の原因になることは医者でなくても想像がつくのではないのでしょうか?

そしてアトピーでない人には肌荒れを起こし、アトピーの人にはアトピーの悪化をおこしてしまいます!

胃腸風邪に処方されるビオフェルミン

わが家は子ども4人いるので、よく一人が風邪をひくとあっという間に全員にうつってしまいます。胃腸風邪の時なんかは本当に大変です。

ところで、経験がある人も多いと思いますが、胃腸風邪で子どもを病院に連れて行くと、「ビオフェルミン」を処方されるのではないでしょうか?

ビオフェルミンは薬局でも買える整腸剤です。なぜ風邪のウィルスにビオフェルミンなのかご存知でしょうか?

もちろんビオフェルミンが風邪のウィルスをやっつけてくれる訳ではありません。ビオフェルミンの役割は、乳酸菌を体内にとりいれ、胃腸風邪で弱った腸を元気にすることなんです!

そして、腸内環境が良くなれば、風邪のウィルスにも打ち勝つがことが出来るのです!

やはり、乳酸菌をとることが健康の糧になることがよくわかります。

胃腸風邪や下痢などのお腹の調子が良くない時は、薬ではなく乳酸菌サプリを飲むという人もいるそうです。

実はわが家も子どもが胃腸風邪や高熱などの時は、OS1に乳酸菌とオリゴ糖を入れて飲ませたりします(^^)

サブコンテンツ

体の中から治す!

乳酸菌を強い味方につける!

便秘を治し、アトピーを改善!

夜グッスリ寝るには?

サプリメントでアトピー緩和!

お腹の赤ちゃんのアトピー予防!

0才からのステロイドを使わないアトピー治療

このページの先頭へ

inserted by FC2 system