ステロイドを克服したわが子の体験談です

ステロイドは使わない。ママの手治療のすすめ。

本サイトは、アトピーの息子と娘と共に経験したステロイド克服の記録です。
ステロイドの怖さを知った時から、脱ステロイドへの挑戦が始まりました。そして、その悪戦苦闘の毎日の中でわかったことは、「わが子のアトピーは自分の手で改善することができる」ということです。

自分と同じ苦しみの中にいるママたちに、ぜひお伝えしたくて、 このサイトを作らせていただきました。

このサイトの情報は全てわが家で経験し、個人的に学んだものなので専門的なものでありません。ここに書いてあること全てが効果的かどうかは保証は出来ません。ただ、それでもわが家の経験が多くの人にとっての、「ヒント」になることを願って更新していきます!

バイバイアトピー【最もよく読まれている記事】

アトピー改善の為に最も適した乳酸菌

アトピーの子の上手なお風呂の入り方

お肌に優しい無添加保湿剤!

どうして?アトピーの子に多い便秘!

ねむれない!夜グッスリ寝るには?

お米で作った保湿クリームのチカラ!

アトピー(アトピー性皮膚炎)とは?

アトピー(アトピー性皮膚炎)は、かゆみの強い湿疹が現れて、アレルギーや季節、環境によって悪化と軽減を繰り返す病気です。かつては乳幼児に多い病気であり、思春期や大人になると治ると言われていましたが、最近では大人になっても治らず、人によっては大人になってから発症する人も増えています。

この状況だけ見ても現代の生活環境やストレス、食べ物の変化などが大きな原因になっていることがわかります。

アレルギーによってアトピーの症状が現れる側面と、食べ物などの生活の中に原因がある側面があり、その2つが複雑に絡み合ってアトピーになってしまいます。また、そこにストレスなどの精神面が悪影響することも多い、非常に全体像が見えにくい病気なのです。

【わが家の体験談】アトピー克服のポイント!

ステロイドは皮膚の炎症を無理矢理に押さえつけて、治ってるように見えるのですが、根本的な解決は何一つできません。

家庭でのアトピー克服のポイントは、ステロイドを使わず「体の外」から患部の炎症を治し、腸内環境を改善し、胃腸を強くすることによって免疫力をアップして、「体の中」から治していく、2つの方向からのアプローチが必須です。

体の外からアトピーを治す!

上手なお風呂の入り方

汗でスキンケア

よくお風呂は、「アトピーを悪化させる」という話を聞きます。実際にお風呂に入らないという方法をすすめる医者もいるぐらいなのです。
それは一体どうしてなのでしょうか?

実はお風呂の後は肌が非常に乾燥します。しかし、お風呂に正しい方法で入れば、お風呂はとても良いスキンケアの一つとなるのです!また、お風呂タイムをさらに味方につけるアトピー用入溶剤を紹介します。

>>上手なお風呂の入り方について詳しくはコチラ

無添加保湿剤で肌を守り、強くする

無添加保湿剤

アトピーの子の肌はとても弱く、乾燥しています。しかもステロイドや防腐剤など化学的な添加物の入った保湿剤によって、さらに肌にダメージを与えてしまうのです。
この状態でステロイドをやめると、乾燥がさらにひどく、ガチガチの肌になってしまうこともあります。そこで無添加で肌の保湿の力を高める保湿剤が重要な役割を果たしてくれます。

>>無添加保湿剤について詳しくはコチラ
>>お米で作ったお肌に優しい保湿クリーム

最も大切なのが、胃腸を強くしていくことです

アトピーの子には、腸内環境が悪いという共通した特徴があります。

しかし、逆を言えば腸内環境を改善すれば、体の免疫力が正常なり、さらに免疫力が高まり、アトピーを改善してくれるのです!これなしに、アトピーの克服はあり得ません。

体の中からアトピーを治す!

善玉菌をとり入れて、アレルギーに打ち勝つ

善玉菌とアトピー

アトピーなどのアレルギー症状の改善に、善玉菌を体にとり入れるという方法が最近一般化してきました。善玉菌が活発に働いてくれると、お腹の免疫細胞がしっかりと働いてくれるので、免疫システムが正常化し、さらに免疫力がアップして、アレルギーに打ち勝つ体を作ってくれます。

>>善玉菌のチカラについて詳しくはコチラ

腸内環境を改善して、体の中からアトピーを治す!

便秘

アトピーの子に便秘の子が多いという特徴があります。

なんと、アトピーの子たちのはお腹の善玉菌が少なかったり、弱かったりするという研究結果があるんです!簡単に言えば、腸内環境が悪いのです。

しかし、この共通する特徴を改善すればアトピーも同時に改善されると言うことを表しています!

腸内環境が改善されると免疫力がアップするだけでなく、自律神経のバランスが良くなり、腸の動きや消化も活発になり、体内に有害物質や、アレルゲンが入ってもうまく消化してくれるのでアトピーの改善へとつながるのです。

>>便秘解消しアトピー改善について詳しくはコチラ

アトピーと食事について

アトピーと食事

アトピーの原因には様々な要素がありますが、食事はアトピーの症状が出る大きな原因の一つです。アトピーは私たちの食事の偏りによるものが大きいことをよく理解し、食生活を改善していけば、アトピーの改善もスムーズに進みます。

>>アトピーと食事について詳しくはコチラ

体の水分を保つ成分「ヒアルロン酸」

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸の役割は「体内の保湿を司る」ことです。なんと、ヒアルロン酸1gで6リットルの水を保持することができるすごい成分なのです! 実際にアトピーで乾燥肌がひどい人は体内のヒアルロン酸が少ないという結果があります。
しかし、それは逆に言えば、効果的に「ヒアルロン酸」を補給することが出来れば、体の内側から肌を潤すことが出来るということです!…

>>体の中から保湿するサプリについて詳しくはコチラ

アトピー改善の為のヒントいろいろ

アトピー改善の難しさは、その子その子で症状が異なるので、対策も異なってきます。必ずこれをすれば改善すると言う訳ではないので、その子にあった方法を探さなくてはなりません。

そこで、わが家の2人の子ども達、また旦那さんの3人の経験を紹介します。その中から、お子さんにあった改善方法のヒントを見つけて下さい!

痒くて眠れない!

痒くて眠れない!

アトピー改善に非常に重要なのは、快適な睡眠です。それは睡眠中に健康な肌が作られるからです。しかし、アトピーが本当にツライのは実は睡眠中なのです。

眠りに入る体温の変化によって、非常に痒みが増し、寝ている時も何度も痒みで起きてしまう。大人でも朝気づけば血だらけに。子どもならなおさらコントロールがきかず、掻きむしってしまいます。そして、親子揃って毎日睡眠不足になってしまうのです。

少しでもゆっくりと眠る方法はないのでしょうか?…

>>夜グッスリ眠る方法について詳しくはコチラ

アトピーの子は冷え性?

アトピーと冷え性はとても深く関係しています。しかし、アトピーによって冷え性になってしまう訳ではなく、アトピーと冷え性の特徴や原因が共通しているのです。

アトピーと冷え性の体の特徴の共通点、それは「胃腸」が弱いということです。

アトピーと冷え性、2つも患うのは本当にツライことですが、逆を言えば胃腸を強くすることが出来れば、どちらも改善の可能性があるということなのです。…

>>冷え性とアトピーの関係について詳しくはコチラ

農薬で悪化するアトピー

子どもたちの為に、安心な野菜。

以前、信州の有名なお蕎麦屋さんで非常に興味深い話を聞きました。そのお蕎麦屋産の店長が幼い子ども達を持つ私に農薬とアレルギーについてこんなことを言っていました。

店長「そばアレルギーってあるでしょう?あれって完全無農薬でソバを作るとアレルギーが出ないって知ってる?」

この店長さん、無農薬の質の良いソバをお店に出すために色々と調べ、試行錯誤して大学の教授など、様々な研究機関にも足を運ぶような人で、農薬の問題についてすごく詳しい店長さんでした。

この話がどこまで信憑性があるのか、証明するものは無いのですが、以前に私の実家で無農薬の家庭菜園の野菜中心にしたことによって、子ども達のアトピーが改善したことを思い出しました。

それ以来、わが家ではがんばって家庭菜園をしたり、産地に気をつけたり、無農薬、減農薬の野菜宅配サービスを利用するようになりました。…

>>安全な食べ物を選択するにことについて詳しくはコチラ

洗濯用洗剤を選ぶ

洗濯洗剤選び

洗剤がアトピーを悪化させることがあると言うのはご存知でしょうか?

洗剤は衣服をキレイにするだけでなく、「柔軟剤」で服を柔らかくし、「蛍光剤」で白くキレイに見えるようにすると言う役割があります。

しかし、その全てが洗濯の最後に水で洗い落とされる訳ではありません。化学的な物質が付着したまま全身に身につけることになります。

大人に比べて肌の弱い子ども達は、アトピーでなくてもそれによって肌のかゆみや炎症を経験する子もいるのです。と言うことはアトピーの子ども達にとっていかに負担になるかイメージが出来ると思います。

洗濯用の洗剤を一度見直しましょう。…

>>洗剤を無添加なものに変えることについて詳しくはコチラ

サブコンテンツ

体の中から治す!

乳酸菌を強い味方につける!

便秘を治し、アトピーを改善!

夜グッスリ寝るには?

サプリメントでアトピー緩和!

お腹の赤ちゃんのアトピー予防!

0才からのステロイドを使わないアトピー治療

このページの先頭へ

inserted by FC2 system